海外のスタッフを有効活用しませんか?

ホテル・旅館様向け人材活用サービス アジアの若い力をお送りいたします
サービス業における人材不足は年々深刻度を増しています。
そのような状況において、海外の若い人材の活用は日に日にその重要性に注目が集まりつつあります。
海外の若者は非常に目的意識が高く、皆母国の学校等で日本語の習得や観光・サービス業の学習に努めています。
今回はそういった若者の受け入れについてご案内致します。
ぜひ御社ホテル・旅館の人材活用にご検討ください。


ワーキングホリデー生の活用

私もアステージのスタッフです。アステージワーキングホリデースタッフ キムさん 出身:韓国 現在、都内有名ホテルにてフロントスタッフとして活躍中。

現地エージェントとアステージの提携でワーキングホリデー生をご紹介致します。

期間は、日本に入国してから1年間になります。
その間に就労VISAに切り替え長期的な採用も可能です。

主な対応職種
・日本語能力・母国語を活かした、ホテル・観光施設などのフロント・接客

→ 韓国のワーキングホリデー生の採用
韓国のワーキングホリデー生は30歳までの若者で最長1年の就業が可能なビザを取得しており、就労業務に制約はありません。
また日本語検定2級以上の取得者を対象としており日常のコミュニケーションには全く問題がないため、日本語対応としてのフロント業務も可能です。
※ワーキングホリデー生以外でも、ご要望に応じてアステージで就労ビザを取得し派遣することも可能です。

採用パターン
・見極め期間が必要な場合
 →
 2ケ月間はアステージの派遣社員として受入(この期間はアステージが雇用主)
 3ケ月目よりアルバイト・契約社員として採用

・面接後採用の場合
 →
 現地とWEB面接にて採用の可否を確認し採用決定。
 その後、日本への入国日と就労日を確認し準備を進めていきます。

雇用形態
アルバイトまたは契約社員としての就労となります。

法定福利
ワーキングホリデー生の採用におきましては、通常のアルバイト・契約社員採用と同じく社会保険加入の対象となります。

ワーキングホリデー説明会

インドネシアの大学生インターンシップ制度の活用

ホテル内の清掃・洗い場等のバックヤード業務において、インドネシアをはじめとするアジア圏のホテル・観光学科に在籍する大学生を受け入れる国際インターン制度です。

彼らを最大6ケ月以内のインターンシップとして受け入れ、その間彼らは実際に現場で作業を担当します。
海外の大学生は授業の一環として日本のホテル・旅館での業務を経験し、母国や彼ら自身の将来に活かしたいと高い理想を持っていますので、業務への取り組みは大変熱心です。
彼らはその間も現地の大学の単位が取得できるようになっていますので、安心して仕事を任せることが可能な制度です。
ぜひ有用なマンパワーとしてご検討ください。
インターンシップ生の業務の様子

受け入れまでの流れ

1.現地大学とホテル・旅館様にて産学協定を締結
2.インターンシップを行うためのVISA取得

大学との協定締結やVISAの取得にはアステージが必要に応じてサポートを行います。


業務開始までの流れ

1.インターンシップ生の受け入れ
2.業務開始

インターンシップ期間中の滞在場所(寮や借上げ社宅の部屋)と食事は、受入企業様にご提供いただきますが、費用の一部をインターンシップ生負担とすることは可能です。

インターンシップ生には通常の労働者と同様に給料を支給していただくことになります。
賃金の基準と致しましては一先ずその地域の最低賃金を参考に時給として設定させて頂きます。

彼らは主にホテル・観光学科で調理やベッドメイク、ルームキーピングやフロント等の業務を専門に学んでいる学生ですので、業務対応力に大変優れています。
また来日前に6ヶ月間の日本語トレーニングを行っておりますので、初級の会話力は十分に有しております。
就業までの流れ


お仕事探しは、astage+ mystyleにお任せください!

旅行のお仕事でのご経験がある方はもちろん、未経験の方、ブランクのある方など、多数ご登録いただいています。まずは仮登録を!

仮登録

お問い合わせ(お電話、メールアドレスからのお問い合わせ)
東京:0120-953-106/tokyo@astageinc.co.jp大阪:0120-106-889/osaka@astageinc.co.jp
 

ページの先頭へ