労働災害について
一覧に戻る

業務中にケガをした場合や、普段の通勤経路において事故にあった場合などは
『労働災害』の対象となります。

『労働災害』である場合、病院での受診については「健康保険」ではなく
「労災保険」の適用になるため、以下の点にご注意いただくよう宜しくお願いいたします。

労働災害の発生時
労働者災害補償保険(労災保険)
よくある質問

労働災害の発生時

(1)当社にご連絡ください〔担当営業もしくは管理部(0120-953-106)まで〕

  労働災害が発生した場合、ご本人のケガの状況や今後の就業について
  確認させていただく必要があります。

  速やかに、担当営業もしくは管理部までご連絡いただくようお願いいたします。

(2)必ず、労災指定病院で受診してください

  普段から、自宅や就業場所の近くにある労災指定病院を把握しておくことが重要です。

  ※ 労災指定外の病院で受診した場合
  「自由診療」としてその病院独自の療養費で計算されるため、
  療養費(治療費)が労災保険で認定される給付額を超えてしまう可能性があります。

  労災保険で認定される給付額を超える場合、その差額は本人負担となりますので、
  十分ご注意ください。
  (労災指定病院であれば、労災保険で認定される給付額を超える診療費を
   請求されることはありません)

(3)健康保険証は使えません

  労働災害では、「健康保険」ではなく「労災保険」が適用されます。
  そのため、誤って健康保険証を使ってしまうと、後日健康保険側に療養費を返還しなくてはならず
  ご本人に大変手間がかかります。

  労災保険の場合、一旦療養費を全額立替えなくてはなりませんが、
  労働災害の申請(療養費の給付請求)を行えば、労災保険より全額給付されます。
  (※労災指定病院を利用の場合)

労働者災害補償保険(労災保険)

労災保険とは、労働災害によって発生した治療費や休業等について保険給付を行う制度です。
私傷病を適用する健康保険は治療費の3割が自己負担となりますが、労災保険は基本的に
全額が補償されます。

派遣の雇用契約期間中に発生した労働災害ついては労災保険が適用されます。

よくある質問

Q1 通勤途中、駅の階段をふみはずし、転んだひょうしに足を骨折してしまいました。
どのように対応したらよいでしょう?
A1 まずは、状況の詳細を営業担当者に連絡してください。
具体的にどのような対応をするのかは、事情に応じてアステージから
指示をさせていただきます。

病院で治療する場合は「通勤災害で受診する」旨を告げ、健康保険証は使わないでください。
労災保険の請求は、アステージが代行しますので、追って必要書類をお送りいたします。

Q2 通勤途中で車と接触事故しました。これから病院に行きます。こちらに過失はありません。
どのように対応したらよいでしょう?
A2 まず、事故の詳細を営業担当者に連絡してください。
治療には健康保険証は使わないでください。

こちらに過失がなければ全額相手方の保険で補償を受けられます。
相手方の保険を適用される場合、労災保険は適用しません。


ページの先頭へ
一覧に戻る

お仕事探しは、astage+ mystyleにお任せください!

旅行のお仕事でのご経験がある方はもちろん、未経験の方、ブランクのある方など、多数ご登録いただいています。まずは仮登録を!

仮登録

お問い合わせ(お電話、メールアドレスからのお問い合わせ)
東京:0120-953-106/tokyo@astageinc.co.jp大阪:0120-106-889/osaka@astageinc.co.jp

ページの先頭へ